エアコンクリーニングの価格相場|名古屋のエアコンクリーニングならクリンパへ

メニュー
トップページ > エアコンクリーニングの価格相場

エアコンクリーニングの価格相場について

一般的なルームエアコンの場合、取り付けてからから2年〜3年後には考えたい「エアコンクリーニング」。

この「エアコンクリーニングの価格・費用」は、作業工程や使用する洗剤などにより価格が異なるのですが、そもそもその価格が適正なものか分かりにくくありませんか?近年では、ポータルサイトや比較サイトなどでは極体に安価な価格を提示している業者もたくさん見受けられます。

実際に工事内容をお客様が見てもこれが適正な作業なのかわかりにくいと思います。

このページでは、エアコンクリーニングの適正な作業内容と価格相場について伝えたいと思います。

エアコンクリーニングの価格相場

エアコンのクリーニングの価格相場一覧です。

一般ルームエアコン 5,000〜13,000
掃除機能付きルームエアコン 8,000〜22,000

一般ルームエアコンだけを見てみてもおよそ8,000円の金額差があります。なぜここまで金額の差が出てしまうのでしょうか? エアコンクリーニングの価格構成は、

  • 1.作業代金
  • 2.洗剤や養生などの材料費
  • 3.ロイヤリティ、交通費、広告費、保証費などの経費

の3つから成り立っています。

大手の場合

大手の場合は、3の経費の比率が高くなりがちです。

小規模な激安店の場合

小規模な業者が安売りをする場合、1の作業内容を圧縮するしかありません。1つのエアコンに当てる作業工数を減らし時間を短縮する訳です。 コスト面では、メリットがあるかと思います。デメリットとしては、分解箇所が少ないため汚れが完全に落ちていなかったり時間短縮のため強アルカリ(水酸化ナトリウム)系の洗剤を使うことが多くエアコンを傷めてしまうこともあります。

ポータルに登録している業者の場合

小規模な業者やフランチャイズに登録している業者が多く見受けられます。登録ポータルへの登録手数料や決済手数料が必要になりますので3の経費の比率が高くなりがちです。作業内容をポータル内のページから判断しなくはならないので事前に作業内容を確認することをおすすめします。

クリンパの場合

私たちも小規模な業者です。自社でホームページを運用しインターネット広告も僅かですが出稿しております。弊社の場合、エアコンにより違いもありますが徹底分解洗浄を行います。またエコ洗剤を使用します(根深いカビには塩素(次亜塩素)系を使用する場合もあります)。比較的、作業時間は長くなりがちなので1.の作業代金が一番大きな割合となります。

価格相場のまとめ

特に作業内容により価格が変動することが多いので、事前に作業内容を確認してから注文することをおすすめします。 事前に確認する内容に関しては以下の3つが妥当かと思われます。

  • 1.分解作業は、どこまでするか?
  • 2.洗剤は、何を使用するか?
  • 3.作業時間は、概ねどの程度か?

1.分解作業は、どこまでするか?

ドレンパンやファンを分解するかを確かめるのがおすすめです。これら2つの部分を分解しないとこの部品自体の汚れが落としにくく本体の奥も洗浄しづらいためです。

2.洗剤は、何を使用するか?

強アルカリ(水酸化ナトリウム)系の洗剤を多用すると作業時間は、早くなるのですがエアコンの特にアルミ部分の皮膜を傷つけてしまうため確かめるのがおすすめです。

3.作業時間は、概ねどの程度か?

例えば作業時間が30分〜1時間で完了するのであれば注意する必要があるかもしれません。分解はほとんどせず高圧洗浄機も使用せず、正面から強アルカリ洗剤を吹きかけるだけの作業内容かもしれません。

エアコンは、室内の空気を循環させる機械です。生活にも関わる機械です。お客様にとって最良の選択をしていただく上で上記の内容を参考にしていただければ幸いです。

クリンパのエアコンクリーニングは他社と何が違うの?


ページ
トップ

© Cleanpa All Rights Reserved