エアコンの効きが悪い場合の対応|名古屋のエアコンクリーニングならクリンパへ

メニュー

エアコンの効きが悪い場合の対応

運転開始5分以上経っても冷房や暖房が効かない場合は室外機
が動いているか確認して下さい。動いていなければ故障して
いる為、メーカーに修理依頼して下さい。
室外機は動いているが、効きが悪い場合は
いくつか原因はあります。

1、室内機のフィルターや熱交換器、ファンなどがホコリやカビなどの汚れで詰まってしまうとエアコン本来の能力が落ち効きにくい状態になります。このような場合はクリーニングで改善します。

2、エアコンガスが不足している可能性があります。このような場合はメーカーよりエアコンガスを充填し改善します。

3、室外機の周りに物が多く室外機の通気を妨げている。室外機の中には大きなプロペラがあり、運転する事でプロペラが回り室外機内で発生した熱などを冷ます為に空気を通します。なので通気を妨げるような物があるとエアコン本来の能力が発揮出来ない為、エアコンの効きが悪くなります。ちなみに室外機(裏)と壁の隙間は10センチ以上、室外機(表)は50センチ以上です。

その他の施工事例をチェック!

2020年08月16日

名古屋市

エアコンクリーニングその他

2020年06月11日

緑区

エアコンクリーニング

2019年12月07日

一宮市

壁埋め込み型エアコンクリーニング

2019年07月18日

名古屋市南区

RAS-AJL56D2日立フィルター自動エアコンクリーニング

エコ洗剤を使用する理由


ページ
トップ

© Cleanpa All Rights Reserved